home » 食の可能性を広げる新調理提供システム

食の可能性を広げる新調理提供システム

効率的な調理とおいしさ、 コスト削減をかなえる新調理提供システム。

最新の調理機器、調理方法を駆使してあらゆる環境でおいしい食事をお届けする「新調理提供システム」。
作業の効率化を図ることでコスト削減と、安全性を両立できる画期的なシステムです。
新調理提供システムの概要

CPU集中調理センター:独自のCPUでは加熱調理、急速冷却、冷蔵保存から配送まで、一貫したシステムにより効率的に運営しています。

  • 加熱調理

    加熱調理

    様々な料理をスチームコンベクションオーブンで調理。500種類以上の研究済みレシピによりマニュアル化された料理を作ることで、おいしさの基準をキープし続けます。

  • 急速冷却

    急速冷却

    調理された料理をブラストチラーで90分以内に芯温3℃以下になるよう急速冷却。味と風味、鮮度を損なうことなく保存します。

  • 冷蔵保存・配送

    冷蔵保存・配送

    冷却された料理はチルド庫(0℃〜3℃)で保存し、チルド状態のままお客様へお届けします。行き届いた温度管理により食品の安全を保ちます。

現場施設

  • 現場施設で最終加熱

    現場施設で最終加熱

    お食事の提供直前にスチームコンベクションオーブン・クックカート(再加熱カート)で最終加熱します。冷たいままや常温で提供するものは、再加熱する必要はありません。

  • 盛り付け・トレーメイク

    盛り付け・トレーメイク

    加熱後の料理を盛り付け、トレーメイクします。盛り付けまでの時間が計算しやすく、作業工程もスムーズです。

  • お食事の提供

    お食事の提供

    現場施設の規模やスタッフ体制に左右されることなく、常に一定のおいしさを保ったバラエティ豊かなお食事を提供することができます。

緊急時にも食事を提供できるシステムを確立しています。
  • 食材の供給確保
    お客様用に確保した食材(冷凍・レトルト食品等)を7〜10日ストックし、災害時に非常食として用いることができます。
  • 人員対策
    危機管理マニュアルにより社員の所在を確認し、食事の供給体制をとります。被災等によりお客様の調理スタッフが勤務不可能の場合には、応援体制により食事の提供に全力をあげます。
  • セントラルキッチンの活用
    工事や自然災害など、お客様の厨房が使えない場合には、セントラルキッチンなどニチベイグループの施設を活用いたします。

    神戸セントラルキッチン
    兵庫県神戸市兵庫区御所通1-1-23

    岡山CPU
    岡山県岡山市南区富浜町4-4
    広島CPU
    広島県広島市西区観音新町4-7-14

    東部セントラルキッチン
    広島県広島市安芸区阿戸町2590

    福岡セントラルキッチン
    福岡県大野城市御笠川2-7-18

    鳥栖セントラルキッチン
    佐賀県鳥栖市曽根崎町1493-1

ページのトップへ

個人情報の取り扱いについて